会社設立に必要なモノ

会社設立の日

会社設立に必要なモノ

会社設立をするためには、色々な手続きや必要なモノがあります。そういったモノを事前に準備しておくことで、何度も手続きをしなくて済みますし、スムーズに会社設立の準備をすることが出来ます。そういった会社設立に必要なモノについて見ていきましょう。

印鑑

これらは何をするにも必要になってくるモノでは無いでしょうか。役員や会社を立ち上げる本人のモノが必要になりそうです。また印鑑といっても一つだけ会社の印鑑を適当に作ると言うわけではなく、キチンとしたモノを準備しなくてはいけません。

会社にとって印鑑は非常に重要なモノの一つのようです。会社の決定事項の確認の印であったりと社長が使うモノですから良いモノを選んでおきたいですね。

必要になってくる印鑑は、会社代表印というモノがあります。これは文字通り会社の印鑑で、実印と言った所でしょうか、この会社代表印も私達が普段使っているような実印と同じで登録するようです。この会社代表印には規定があって、1辺の長さが1p以上3p未満の正方形に入るもので、中心部分に代表取締役の印と言った文字、そしてその周りに会社の名前が入っている丸形の場合が多いようです。

この他の印鑑としては、銀行印であったり、角印等があるようです。この銀行印などは会社代表印との兼用としても使うことは出来るようですが、やはりこの銀行印というのはよく使うことがあると思うので、会社代表印と兼用して万が一欠けてしまったりと言うことがあると、また作り直して登録してと手間がかかってしまいますので、別々で作っておくといいようです。

また角印ですが、これは領収書や請求書と言った物に使われるモノで、これもかなり頻繁に使うことになると思うので、準備しておくと良いでしょう。

印鑑証明

印鑑証明も必要になってきます。これは、定款の認定を受ける時や登記の申請の時などに必要になってきます。ですのでこういった申請や認定を受けると言った場合にあらかじめ、何枚の印鑑証明が必要か、発起人だけで良いのか、その他の役員の印鑑証明も必要になってくるのか等を確認してから印鑑証明を持っていくと良いでしょう。

また気を付けなければいけないのは印鑑証明自体には有効期限というモノは無いようですが、提出される側から発行から3ヶ月以内等と決められている場合があります。会社設立の際の期限も印鑑証明の発行から3ヶ月以内のモノと言った様に決められていると思いますので一度確認してから印鑑証明を取得すると良いかと思います。