会社設立の際に決めること

会社設立の日

会社設立の際に決めること

会社を設立する時に考えておきたい事がいくつかあります。会社を設立する際に考えても良いのですが、変えたいと思っても変更するのが簡単ではありませんので、あらかじめじっくりと考えてから決めておきたい事です。定款で決める絶対的記載事項で決めなければならない事もありますので知っておくと良いかと思います。ではどういった物があるのか見ていきましょう。

決めること

会社名(商号)

会社の顔となります、社名を考えます。社名を考えるポイントとしては、これから行う事業にあった名前を付けると良いでしょう。またどういった事をしている会社なのかすぐにわかるような解りやすいモノや、印象に残って言いやすい社名なども良いでしょう。しかしこの商号は何でも良いと言うわけではありませんこれを決める為には、必ず株式会社、合同会社、合資会社といった文字を名前の前後どちらかに入れなければなりません。また同一の住所で同じ名前を付けるのもダメです。ですが同じ住所ではないからといって全国的に知られている有名な商号を使ったり、紛らわしい名前にしてしまうと言うのもダメなようですので、こういった事に気を付けながら会社名を決定しましょう。

事業内容

これから会社を設立してやっていきたい事です。これが無ければ会社を設立しても、それだけになってしまいます。この事業内容は定款の絶対的記載事項というのにも記載する項目でもあります。定款に書いていないモノは事業を行うことができないので気を付けましょう。これによって会社がどうなっていくのかと言うことも決まる大事な方向性です。しっかりと考えておきましょう。

ロゴ

これは定款に記載しなければいけない事ではありません。また会社を運営していく上で絶対に必要になると言うモノでもありません。しかし会社の事業内容や商号といったモノがすぐに覚えられるといったロゴがあれば、印象にも残りやすいですし、すぐに思い出すことが出来ると言った事もあります。看板や名刺、印鑑などでも広く使うことが出来るので、商号と共によく目にするモノでもあります。ですので理想は覚えやすくて印象に残りやすい、どういった会社なのかすぐにわかる、長く使えるデザイン、といったポイントを抑えたモノが良いのではないかと思います。

本店所在地

会社の拠点となる場所です。これは事業内容によっても良い場所、悪い場所があるかと思います。1人ではじめる場合には自宅を本店所在地にしても良いようですし、住所を記載する際にも市等で止めておけば同一の市で引っ越しをする際に住所の変更をしなくて済む場合があるようなので、そういった事も調べてから所在地を決めると良いかもしれません。

その他

この他にも絶対的記載事項で記載しなければいけない事や、定款に記載しなければならない事以外にも会社を設立する上で決めたい事はいくつかあると思いますので、会社設立する前に一度調べてみると良いかもしれません。

recommend

岡山の成人式前撮りなら

最終更新日:2016/6/30